着用画像あり!補正下着の効果検証サイト

補正下着 ホドラー

補正下着について

補正下着の試着

補正下着とは、自分の理想とする体型に”補正する効果のある下着”です。

「矯正下着」とも呼ばれ、重力によって移動してしまった脂肪を本来あるべき場所に戻し、美しいスタイルに整えることができます。そのため、補正下着には痩せる効果なく、あくまでも体型を補正・矯正するものなのです。

例えば胸の脂肪は背中やお腹、脇や腕に流れていってしまっていますし、お尻の脂肪は太ももへ流れていってしまっているのを知っていましたか?

貧乳やお尻が小さい、足やお腹が太いという悩みは、もしかしたら重力などで本来あるべき脂肪が移動してしまっているからかもしれません。

補正下着を着用すれば、本来あるべきところへ脂肪を移動させ、ボディラインが整うのでスタイルが良く、痩せて見えるようになるのです。

補正下着と普通の下着の違い

補正下着と普通の下着の違いは、「体型を改善させることができる」かどうかです。

普段使う下着で、ブラジャーの場合、着用している間は、谷間ができたりして、綺麗なバストラインを維持することができますが、外すと元の状態に戻ってしまいますよね。そのため普通の下着では、形や大きさを変える効果はないのです。

その一方、補正下着は着用を続けることによって、胸の形や大きさを少しずつ改善させ、外したあとも美しいバストラインを維持できるように設計されています。

そのため、胸の形や大きさなどの体型を改善させる効果があるといえるのです。

補正下着の効果って何?

補正下着は、自分の理想の体型に補正する効果のある下着ですが、具体的には次のような効果があります。

  • ボディラインを綺麗に整えることができる
  • 洋服選びに悩まなくなる
  • 姿勢が良くなる

順に補正下着の効果をご紹介してきます。

ボディラインを綺麗に整えることができる

補正下着は、移動してしまったお肉を本来あるべき場所へ移動させる下着なので、体型を綺麗に見せることができます。

そして、外したあともその効果が維持できるように設計されているので、ボディラインを美しい状態に整える効果も期待できるのです。

ダイエットを頑張っても、「ここは痩せたけど気になる部位がなかなか痩せない...」という方も多いのではないでしょうか。

補正下着は、正しい位置に脂肪を移動させるので、”全身を綺麗に”見せることができます。そのため、この部分が気になる...と悩むこともなくなるでしょう。

洋服選びに悩まなくなる

補正下着は、ボディラインを綺麗に整えることができるので、今まで着ようと思っていなかった服が着れるようになります。

  • 体型が崩れてきたから、ボディラインが目立つ服はやめよう...
  • お腹や足、腕が気になるからビキニが着れない...!

などと思ったことがあるのではないでしょうか。

ボディラインを気にせず洋服が着れるようになれば、こうやって諦めてきた洋服を着ることができるようになりますし、今まで着こなせなかった服を着こなすことができるようになります。

そうすれば、自分に自信が持てるようになり、前向きな行動ができるようになっていくので、洋服選びに悩まなくなるだけでなく、積極的な行動ができるようになっていきます。

姿勢が良くなる

補正下着を着用すると、脂肪だけでなく肩や背中も固定され、引っ張られるため、意識せずに猫背が治り、自然と綺麗な姿勢となります。

また、骨盤矯正にも有効で、骨盤の開きやねじれ、傾きなどを矯正する効果もあります。

こうして、姿勢が良くなることによって、姿勢を保つための筋肉が鍛えられますし、神経の流れもよくなります。それにより新陳代謝がよくなり、体温が上昇し脂肪が燃焼しやすくなるので、痩せやすい身体になることができます。

補正下着自体では痩せる効果はありませんが、痩せるために非常に良い体質に改善することができるのです。

正しい姿勢にしようと気をつけていても、いつのまにか元の姿勢にもどってしまうものですし、背中やお腹が辛かったりしますよね。

私は何年も猫背体質で、大手補正下着メーカーの試着体験に行ったことがあるのですが、補正下着をつけていると、お腹や背中に力を入れずに、気付いた時には姿勢が良くなりました。私にそのメーカーを紹介してくれた友人は、猫背が治り、身長が伸びたそうです。

色々なメーカーから補正下着は出ていて、試着体験は無料でできますので、気になる方は一度行ってみてもいいかもしれませんね。

補正下着の種類別の特徴

補正下着には、部分ごとのパーツで分けた何種類かに分かれています。

  1. ブラジャー
  2. ショーツ
  3. ガードル
  4. ウエストニッパー (ウエストにくびれをつくる)
  5. ボディスーツ&テディ (全身を引き締めて、メリハリのあるボディをつくる)
  6. スリーインワン (ブラジャー・ウエストニッパー・ガーターベルトの3つが1つにまとまったもの)

などがあり、最近はやっている”ナイトブラ”も補正下着の1つと言えます。

ブラジャー

何もしなくてもハリがあって、上向きなバストも、年齢を重ねるごとに少しずつ垂れていきます。

実は、大きく変化が見えない20代のときから、この変化は始まっているんですよ。

お腹や二の腕の脂肪が気になるといったお悩みもお持ちではないでしょうか?

自分では気づいていないけれど、バストの脂肪がお腹や二の腕に移動してしまって、脂肪がついてしまっている可能性もあるのです。胸が小さいと悩んでいる原因も同じかもしれませんね。

補正下着のブラジャーは、この移動してしまった脂肪をバストに移動させ、バストアップしたり、美しいバストラインにボディメイクすることによって、お腹や二の腕のサイズダウンをすることができるのです。

ちなみに、ブラジャーを着用することによって、肩もしっかりと固定されるので、猫背などの姿勢が良くなるんですよ。

以前、私はとある大手補正下着メーカーの無料試着に行ったことがあり、そこで補正下着のブラジャーを着用しました。何年もずっと猫背体質なのですが、全く意識せずに猫背が直り、気づいた時にはピシッとした姿勢になっていました。

バストラインの補正だけでなく、姿勢も改善できるので、バストラインだけでなく、猫背も気になるという人にもおすすめです。

ブラジャーの選び方

ガードル

ガードルを着用することで、下腹部周りをスッキリさせ、ウエストとヒップのラインを整える効果があります。

ぽこっと出てしまう下腹部や、ウエスト周辺、いつの間にか太ももとの境目がわからなくなっているお尻などの、ボディラインが崩れやすい部分をカバーしてくれる補正下着です。

ガードルの中だけでも何種類もあるので、自分の目的や体型に合ったガードルを選ぶ必要があります。

ショートガードル

腹部からお尻までを補正するタイプで、脇の長さが一番短いショーツスタイルのガードルです。

スタンダードガードル

股下丈が4cm〜10cmのガードル。

セミロングガードル

股下丈が12cm〜14cmのガードル。

ロングガードル

ウェストから太ももまで(股下丈が17cm〜19cm)を補正するタイプのガードル。

他にも、ウエストラインから5cm以上高い位置から補正する「ハイウエストガードル」や、骨盤の広がりや歪みを矯正する「骨盤矯正ガードル」などがあります。

実際に大手補正下着メーカーで試着したとき、太ももの補正でかなり細くなったことから、ガードルだけでも欲しい!と思いましたが、単品でも高価で買えませんでした。しかし、通販サイト(楽天市場など)で格安で良いものを見付けたので、そこで購入することにしました。

購入したものは骨盤矯正の効果もあるガードルだったのですが、着用している間は無意識に腹筋に力が入って背筋が伸びましたし、重いものなどを持っても腰などが楽でしたよ。

太ももを細くしたい!下腹部が気になる!という人には、ガードルだけでもおすすめです。

楽天市場などの通販サイトで、安くて良いものがたくさん売っていますよ。

ガードルの選び方

ショーツ

普段使っている下着のショーツは、カラーやデザインなどで選んでいると思いますが、面積が小さい...と感じたことはありませんか?

実は、ほとんどの通常の下着のショーツは、お尻に対してサイズが合っておらず、小さい場合がほとんどなのです。

サイズが合わないショーツをはいていると、ウエストや太ももの付け根が圧迫され、血液やリンパの循環を阻害するので、むくみや太ももの付け根の黒ずみ、便秘などにつながります。また、お尻をしっかり包み込めていないことから、お尻が垂れて、脂肪が太ももに流れていってしまっているのです。

太ももが太いのが悩みという方は、ショーツのサイズが合っていないからかもしれませんよ。

ショーツの選び方

正しいサイズのショーツとガードルを使用することで、より効果的にお尻や太もものボディラインを整えることができます。

ウエストニッパー

ウエストニッパーは、腹部からウエストの補正効果が高いので、余分な脂肪を移動させ、美しいくびれを作るとともに、骨盤の安定にも効果があります。

着用する際には、むくみや血行不良などに繋がるため、キツ過ぎるものはやめましょう

また、ウエストニッパーを使うときは、ブラジャーとガードルを使ってみてください。

ウエストニッパーで上に移動させた脂肪はブラジャーでバストへ補正、下に移動させた脂肪はガードルでお尻などに補正することによって、より効率よくボディラインを整えることができます。

ウエストニッパーの選び方

ボディースーツ&テディ

ボディスーツとは、ブラジャーとウエストニッパー、ガードルが一体型となっている補正下着のことです。

ボディスーツの中でも種類があり

  • バスト・ウエスト・ヒップを1枚で整えられるものを「ワンピース型」
  • ワンピース型で、ガードルと併用を可能にしたタイプを「セパレート型」

といいます。

その一方、テディとは、ボディースーツのカップが無いタイプのことをいいます。

ブラジャーやガードルの上から着用し、ウエスト部分の脂肪をサポートすることで、バストからウエスト周りをバランスよく整える効果があります。

ボディスーツ&テディの選び方

スリーインワン

ブラジャー・ウエストニッパー・ガーターベルトの3つがひとつになったもので、ボディースーツとの違いはデザインが優れている点やヒップサポートがない点となっています。

バストラインとウェストラインのに効果がある補正下着で、ブライダルインナーとしても良く使用されています。

スリーインワンの選び方

ナイトブラ

ナイトブラとは、睡眠時に着用するブラジャーのことです。

ブラジャーをつけずに寝ると、重力にしたがって、バストの脂肪が背中や脇などに流れていってしまい、サイズダウンやバストラインの崩れにつながってしまうのです。

こういったナイトブラを着用することによって、寝ている間もバストの脂肪が流れないようにし、寝返りなどの衝撃からバストを保護するため、一度切れたら治らないクーパー靭帯を守ることもできます。

バストアップ目的で着用する人が多いですが、個人的にはそうじゃ無い人もつけたほうがいいと考えます。

私は、初めは着用していましたが、「ちょっとぐらい良いや...」と思って、しばらくノーブラで寝ていて、背中や脇に脂肪がついてしまい、バストサイズがちゃんと着用していた頃よりもサイズダウンしてしまったことがあります。

そのため、バストアップや育乳のためのみならず、バストラインを崩さないためにも着用したほうがいいと思います。

ナイトブラは、楽天ショップなどの通販サイトだけでなく、様々な下着メーカーのショップの通販でも購入することができます。

洗い替え用で複数購入すると安くなったりといった特典もありますし、一度購入してみてはいかがでしょうか。

ナイトブラの選び方

補正下着の体験に行く時の注意点

もしも補正下着のメーカーで無料試着体験に行く時は、インターネットでそのサロンの情報を調べてから行くようにしましょう。

補正下着を選ぶときは、

  • 自分に合う下着がわからない
  • そもそも自分の下着の正しいサイズが分からない
  • 補正下着をつけるのは難しそう

と悩むかもしれません。実際に私もそうやって悩んでいました。

補正下着のメーカーの試着体験に行くと、こういった問題を解決することができます。

普通の下着屋さんなどでは、服の上からサイズを測りますが、補正下着メーカーでは服を脱いだ状態で測りますし、実際に補正下着を着用するので、店員さんがどうやって脂肪を移動させるのか見ることができます。

しかし、メーカーによっては勧誘が強引な場所もあるので注意しなければいけません。

私が体験に行ったメーカーは、無料体験でショーツ1枚プレゼント!と言っていたのですが、実際にもらえるのは数ヶ月後で、取りに行ったときも強引な勧誘をされ...という経験をしました。

後日プレゼントを取りに行った時には、その後に予定を入れていたので、大丈夫でしたが、初日は帰らせてもらえないかと思うぐらい強引に勧誘されました...。

補正下着はメーカーによっては決して安くない金額のものも多いですし、押しに弱い人は、体験に行く前にインターネットでサロンの情報を調べてから行くといいかもしれません。

Copyright© 補正下着 ホドラー , 2019 All Rights Reserved Powered by テーマ名.