格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

買い替えスマホナビ

Unsplash / Pixabay

Unsplash / Pixabay

mobile

楽天モバイルの通話SIM

公開日:

現在、私は楽天モバイルの通話SIMをSIMフリースマートフォンで販売されている楽天モバイルの通話SIMに使用しています。

端末価格を含めて、完全たる格安スマホを求めた結果、このような組み合わせとなりました。
月額料金は、1,600円(税抜き)です。月額料金としては、他MVNOの料金プランと比較しても大きな差は感じていません。
楽天モバイルを契約する前に、3GBのデータ容量のプランで比較したものの、月額1,500~1,600円という結果でした。
最終的な決め手としては、クレジットカード決済以外の支払い方法が可能なことや楽天スーパーポイントによる還元があることです。
実際に使用した感想ですが、楽天モバイルを契約する前に同じdocomo系の通信回線を利用する『So-net』のデータ専用SIMやY!mobileの携帯電話を使用していました。
先ず、楽天モバイルとSo-netを比較しても電話通信状況に優位差は感じられません。また、本家のdocomoとLTEの電波状況を比較した結 果、電波の受信状況は大きな無いものと考えます。特に電波受信状態が悪い場所としてテレビ電波難視聴地域や工場などの機械ノイズが多いところで確認したと ころ、高速データ通信は厳しいといった結果になっています。さらに、Y!mobileの3G回線と比較しても楽天モバイルの電波状態は極めて良好と判断出 来ました。

その他のサービスとしては、専用アプリによるデータ通信速度の切り替えや余ったデータ通信分を繰り越せるといったメリットがあります。
また、格安スマホを利用する際はMVNOが提供するスマホやタブレット端末より、ネットショッピングで格安に購入することが出来ます。私が使用する端末は、SIMフリースマホの中でも12,000円以下で購入することができ、購入時はポイントの還元もあります。
私自身、MVNOの提供する格安SIMを複数使用しておりますが、現時点で感じる不満な点はdocomo系の電波が全体的に弱いことです。
この点については、docomoや他MVNOも同様の状況であり、今後のサービスを考えるのであれば改善頂きたいと考えています。
月額料金やサービス、加入のし易さを考えれば、楽天モバイルはおススメ出来るものと判断可能です。しかしながら、加入を検討する際にサービスエリ アや自分自身の使用する環境を事前に考慮する必要が、現在の格安スマホやSIMにはあると考えております。ただ単に月額料金が安いと考えても、満足できる サービスが受けられないかもしれません。

-mobile