格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

買い替えスマホナビ

Unsplash / Pixabay

Unsplash / Pixabay

mobile

格安スマホのデメリットについて

公開日:

格安スマホは文字通り料金が安くなることが最大のメリットです。このことばかりに目が行きますがデメリットはないのでしょうか。

格安スマホのデメリットとは

格安スマホは料金を安くする代わりにいくつかの点を犠牲にしています。人によってはそのせいで使いづらいと感じることもあり、これらがデメリットになってきます。
使い勝手はそのままに料金だけ格安に、というのはやはり難しいのでしょう。
そのため格安スマホに乗り換える時はメリットとデメリットの両方を把握して自分にとって問題ないかを考えないといけません。
料金の安さに惹かれて格安スマホにしたものの使いづらくて後悔しているなんてことにならないよう気を付けましょう。
逆にデメリットも把握して賢く使いこなせば格安スマホはとても便利なものです。つまり自分自身の格安スマホの選び方、使い方が重要になってくるわけです。

機能に関するデメリット

格安スマホにすることで生まれる機能的なデメリットの1つはキャリアメールが使えないことです。
格安スマホはドコモ、au、ソフトバンクが提供しているキャリアメールが使えないので自分でメールアドレスを用意しないといけません。無料で使えるメールアプリもあるのでそれほどの問題ではないのですがメールアプリの使い方がよくわからない、キャリアメールがどうしても使いたいという方にはかなりのデメリットです。
端末本体の性能も一般的なスマホより低いことが多いですし、通話料が定額制でなく従量制なので通話すればするほど月額料金が上がって格安スマホにしたことで逆に毎月の料金が高くなるなんてケースもあります。
使い方によっては不便だったりお金がかかってしまったりすることも知っておきましょう。

ショップが利用できない

格安スマホにするとドコモ、au、ソフトバンクのショップで機能や使い方の相談ができなくなります。これら大手3社で提供しているスマホではないので当然なのですがトラブルや故障の時にとても困ります。
自分で対応できるだけの知識や、ネットで調べて対応する知識が求められるためスマホ初心者の方にはあまり向いていないのです。
料金が安いからといきなり格安スマホでデビューすると何かあった時に対応できなくなる可能性があります。
ショップで直接相談できることは実は大きなメリットなのです。そのメリットがなくなってしまうことも格安スマホのデメリットでしょう。
格安スマホを使うなら十分な知識を身に付けおくようにしましょう。

-mobile