格安スマホの違いは?おすすめ比較ランキング

買い替えスマホナビ

BIC SIM ミニマムスタートプラン(3GB/月)の評判

SIMカードの使用料は月額900円で3GB使用できるプランとなっています。
機種については、STREAM Xはイーモバイルを契約していた頃に契約し、2年使用後、解約したため機種代はかかっていません。
Zen Fone2はSTREAM Xよりも高性能のSIMフリーのスマホがほしくなり、購入しました。2万円代後半の値段だったと思います。
使用しての感想ですが、STREAM Xは動作は安定している方だと思いますが、本体の発熱がひどく、持てないほどになることもありました。
説明書にあるスペック通りの性能はあるように感じます。

Zen Fone2はSTREAMXに比べ、メモリなどほとんどの性能が上回っているハイスペックのスマホですが、発熱も多かったです。
しかし、画面の3分の2が白くなり、正常に動作しなくなるという不具合があり、三ヶ月ほどで使用をやめました。
2台使っての感想としては、iPhonenなどのスマホに比べ、動作の安定性などに不安があります。
また、キャリアとの契約がないため、いざ故障や不具合が発生しても、対応してもらうことができません。
メーカー修理を利用するなど、自己責任で行動するしかありません。

BIC SIMの感想ですが、電波や速度についてはドコモのネットワーク網を利用していることもあり、安定していました。
他の格安SIM(Nifmo)を利用したこともありますが、それに比べ、朝の通勤時間帯や昼のランチ時など回線が混雑する時間帯でも通信速度は速かったです。
また、高速通信と低速通信を切り替えるアプリも用意されていて、LINEやメールしか使用しないときは低速に切り替えておくなどの使い方ができ、
3GBしかない通信量を節約しながら使用することができるのもBIC SIMの利点です。
通話など、通信以外の機能もキャリアと比較しても劣ることはありません。キャリアと同じ感覚で利用できます。
しかし、LINEの年齢認証を利用することができず、ID検索などの一部機能が使用できません。
これは格安SIM全体に言えることなので、利用する場合には注意が必要です。

公開日: